フランスワインを中心に、有名銘柄、 オールドヴィンテージワインをはじめ、 厳選したワインを直輸入&販売するこだわりのワインショップ

ワインショップ ヴィナテリーア タルヤスのショッピングサイトへようこそ
 

シャトー シュヴァル ブラン 1995

  シャトー シュヴァル ブラン           【 当社自社輸入ワイン 】
 
Chateau Cheval Blanc 1995

ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より
格付け:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセA  所有者:ピエール・リュルトン
畑 面積:37ha、平均樹齢:45年、植樹密度:8000本/ha、平均収量:35hl/ha
育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリートの槽で21〜28日間。マロラクティック後の熟成はオークの新樽で18ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。卵白で清澄するが、濾過はしない。

ブドウ品種:カベルネ・フラン58%、メルロ42%
平均年間生産量:シャトー・シュヴァル・ブラン 10万本
           プティ・シュヴァル 4万本

■一般的な評価
 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。それどころか、このワインを構成している要素(果実味、ふくよかさ、絹のような舌触り、ビロードのようなタンニン、とどまるところを知らないフィニッシュ、まばゆいばかりのアロマ)のすべてが、非の打ちどころのないつりあいを示している。若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高いため、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。


 シュヴァル・ブランは間違いなく、ボルドーで最も深遠なワインの1つである。ここ50年ほどの年月のほとんどの間、サン・テミリオンの格付けの単独トップの地位を占め、このアペラシオン最高のワインを生み出してきた。ただ、オーゾンヌの復興が始まり、さらにサン・テミリオンのガレージ・ワインのつくり手による品質の革命が起こってからは、世の注目を分け合わなければならなくなった。それでもシュヴァル・ブランは、非常に突出したワインである。ポムロールと境を接するサン・テミリオンの砂利地(グラーブ)の一画に位置し、その畑は、レヴァンジルやラ・コンセイヤントとは溝1つ分の距離でしかない。そのため長年、ここのワインはサン・テミリオンよりもポムロールに近いと批判されてきた。

 ボルドーの「八大ワイン」の中で、シュヴァル・ブランはおそらく飲み頃の期間が最も長いワインであろう。通常、このワインは最初に瓶詰めされた時点でおいしいのだが、最高のヴィンテージの場合、年を追うごとに重みを増し、持ちこたえるだけの能力を備えている。メドックの一級シャトーや、ポムロールのペトリュスにも、これほどの柔軟性はない。オー・ブリオンだけが、早い段階で飲むことができ、早熟でありながら、20年から30年熟成するだけの充実感と総合的なバランスや強烈さを持つという点で、シュヴァル・ブランに近いワインだと言える。私にとっては、シュヴァル・ブランはシュヴァル・ブランなのであって、私が試飲したことのあるポムロールとも、ほかのいかなるサン=テミリオンとも違う。カベルネ・フランとメルロを同じぐらいずつ使うというシュヴァル・ブランの特徴あるブドウの選択は、極めて異例である。メジャーなシャトーで、これだけカベルネ・フランを使うところはほかにない。しかし、面白いことに、このブドウはシュヴァル・ブランの、鉄鉱石を岩床とした砂利の多い、砂礫質及び粘土質の土壌でその頂点に達し、極めてリッチな、完熟感のある、強烈で、ねっとりとしたワインを生み出すのである。

 
シュヴァル・ブランのワインのスタイルが、その絶大なる人気に貢献しているのは疑いの余地がない。暗いルビー色で、優良なヴィンテージならば、豪勢なまでの芳醇さと果実味のあるワインで、フルボディで、官能的で、みずみずしく、若いうちから誤解を招くほどに飲みやすい。そのブーケはとりわけ特徴的である。最高のシュヴァル・ブランは、シャトー・マルゴーなどのメドックの一級シャトーのワインよりも香りが華やかだ。ミネラル、メンソール、エキゾチックなスパイス、タバコ、そして強烈で超熟した黒系果実の香りは、味わう者を圧倒する。テイスティングした人の多くが、この巧妙な早熟さの魅力に惑わされて、このワインは長期熟成しないと誤った推測をしてしまう。大柄で豊かなヴィンテージにおいては、シュヴァル・ブランの熟成ぶりはとりわけすばらしいのだが、真に堂々たる風格が現れ始めるずっと前に、大半が飲み尽くされてしまうのではないか、という懸念がある。
 テイスティング・ノートが示すように、シュヴァル・ブランは、信じがたいほどの深みと芳醇さを持つ、退廃的なまでにエキゾチックなワインを生産することができる。しかし、ヴィンテージによっては、ボルドーの八大ワインの中で最もがっかりさせられるものでもあった。1960年代と1970年代にはシュヴァル・ブランは目覚しい成果をあげていない。しかし、前の管理者ジャック・エブラールが、品質と細部にいっそうの注意を傾けた結果、1980年代のワインの品質はより一貫したものとなった。彼の後を継いだピエール・リュルトンがシュヴァル・ブランの品質と一貫性をより向上させた。2000年、1999年、1998年の連続したヴィンテージは、1949年、1948年、1947年のすばらしい三部作以来、最上のシュヴァル・ブランである。
 シュヴァル・ブランは、オー・ブリオンとともに、ボルドーの八大ワインの中では最も価格の低いワインにとどまっている。

ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より
1995年のシュヴァル・ブランは、かわいい、魅力的なワインだ。例年よりもメルロの比率が高く、最終的なブレンドはカベルネ・フラン50%、メルロ50%となっている。このワインは弟分ほどふくよかさ、重みの面では成長していないが、ブラックカラント、コーヒーを思わせるスモーキーでエキゾチックなブーケがある、傑出したシュヴァル・ブランのようだ。複雑で、リッチな、ミディアムからフルボディの風味を持つ、十分な素質のある純粋なこのワインは、フィニッシュに驚くほど硬いタンニンを感じる。より甘く、よりブドウの完熟感のある1996年とは違って、1995年はより構造の感じられるワインで、より長命な可能性がある。
予想される飲み頃・・・現在〜2020年

〜2011.7 伊勢で行われたグランヴァンワイン会にて〜
それぞれの要素がしっかり主張していて、力を持っているのに、全てにおいて、やわからくソフトにまとまとまっていました。その見事なバランスは思わずシンプルに感じてしまうほどの完璧さ。余計な主張なんて一切必要ない。とにかくその美味しさに圧倒されて言葉をなくしました・・・

商品名 : シャトー シュヴァル ブラン 1995

製造元 : シャトー シュヴァル ブラン

原産地 : フランス

価格 : 53,218円 (税込)

750ml 赤 サン テミリオン

数量 :    ×売り切れ
在庫なし


 \10,800以上は配送料無料

実店舗と在庫を共有している為、ご注文のタイミングによっては品切れの場合がございます。大変申し訳ございませんが、その際はメールにてご連絡差し上げますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
ラッピングサービス