フランスワインを中心に、有名銘柄、 オールドヴィンテージワインをはじめ、 厳選したワインを直輸入&販売するこだわりのワインショップ

ワインショップ ヴィナテリーア タルヤスのショッピングサイトへようこそ
 

シャトー レヴァンジル 1993

 シャトー レヴァンジル            【 当社自社輸入 】
Ch l'Evangile 1993  

 ブドウ品種:メルロ75%、カベルネ・フラン25%
 平均樹齢:40年、植樹密度:6000本/ha、平均収量:40hl/ha
 発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリートで
25〜30日間。槽内マロラクティック後の熟成は新樽80%で18ヶ月。必要なら清澄や濾過も行う。
 平均年間生産量:3500〜4000ケース
 畑 面積:14.0ha、所有者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)


一般的な評価〜
 レヴァンジルは常にこのアペラシオンの星であるが、近年ロートシルト家(ラフィット)の所有のもとで、さらによくなってきており、品質的にはペトリュスやラフルールに双肩する。この格別のワインは、その豪奢なコクと豪勢さに、テロワールをとてつもなくくっきりと体現させている。私が述べたい唯一の批判は、特定のヴィンテージにおいて清澄と濾過がこのワインの別格の豊かさを奪っているという懸念である。残念なことに価格は品質の上昇を追いかけている--しかし、その価値はある。
 2001年、2000年、1998年、1995年、1990年、1989年、1985年、1982年、1975年、1961年、1950年あるいは1947年のレヴァンジルを試飲した人なら、このシャトーが、荘厳な豊かさと人の心をつかんで離さない個性を持ったワインをつくれるということがよくわかっているはずだ。14haの畑は、北をラ・コンセイヤント、ヴィユー・シャトー・セルタン、ペトリュス、南をサン=テミリオンの偉大なシュヴァル・ブランに境を接する輝かしい立地にあり、土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌である。このような有利な点があるのだから、私は、レヴァンジルが(一貫性の模範ではないが)ペトリュスやラフルールやシュヴァル・ブランに匹敵するワインを生産することができると信じている。
 現在それが進行中である。1990年にロートシルト家(ラフィット・ロートシルトのほう)が過半数の株式を取得し、2000年にはアルベール・フレール(裕福なベルギー人で、シュヴァル・ブランにも出資している)とともに全株式を取得した。彼らはこのシャトーの限りない潜在能力を完全に認識しており、レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、ペトリュスやラフルールに挑戦するようになるだろう。

 確かに、故ルイ・デュカスは彼のブドウ畑が際立っていることをはっきり知っていたに違いない。なぜなら、彼はレヴァンジルはあらゆる点で隣りのペトリュスと同じくらいよく、そしてもっと複雑ですらあるという見解を述べて、訪れるワイン評論家をしばしば脅しつけていたからである。非凡なデュカス夫人は90代半ばという年齢でも日常的にレヴァンジルの運営にあたっていたが、数年前に亡くなった。私は、1990年代初めにこの驚嘆すべき女性と昼食をともにした時のことを忘れない。その時、彼女は自身のセラーから1964年、1961年、1947年を出して注いでくれた。山盛りのトリュフ、子牛の胸腺肉(リ・ドゥ・ヴォー)、牛肉のフィレの豪勢な昼食が終わる頃、私は料理をすべて平らげて、客よりも早く栄えあるワインを飲み干したただ1人の人物はデュカス夫人であることに気がついた!
 現在、レヴァンジルは完全にロートシルトの所有下にあり、私はこのシャトーが年々ペトリュスやシュヴァル・ブランに近づいていくことを期待している。選別もせずに、勘と経験に頼った醸造法と育成法で何年にもわたってつくられてきた偉大なワインが実証しているように、魔法のような畑である。ロートシルト家の完璧主義の体制のもとではすべてが変わるだろう。この偉大な出来の実績をもつポムロールは、さらに偉大になる態勢である--価格のほうも。

【ロバート・パーカー ボルドー「第4版」より抜粋】



1993年 モンローズ&ポワフェレ&レヴァンジル

2012.10
伊勢グランヴァンの会にて
『ボルドーグランヴァン 93年の飲み比べ』


95や96でなく「93」の飲み比べというのがなかなか通な比べ方かな?
と言いつつ、たまたま93年が揃ったから?

なんて・・、

ある意味、当たり年を飲んでも面白味がない。

微妙なヴィンテージの93年を比べられたのはとても意味のあるものでした。

【モンローズ、ポワフェレ、レヴァンジル】

それぞれ全く個性が異なり飲む人の好みも様々

そんな中レヴァンジルは、3つの中で一番バランスがとれていて、上級者ウケしそうな味わいでした。幸いこのワインは今回で2回目の試飲となりますが、もちろんいずれも状態は抜群でした!

口に含んだ瞬間なんとなく涼しいイメージ。なめらかな舌触りで非常にうまくまとまっていました。

レヴァンジルのヴィンテージ評価でいえば95年や、更に98年は偉大。しかし当たり年にも美味しい飲み頃があります。そういった意味では今回の93年は、ある意味90年代で今最も美味しい飲み頃ヴィンテージかもしれません。

レヴァンジル 1993年





ワイン選びは、まず優良ワインショップ、そして信頼のおける輸入元から!

 ◆当社自社輸入<航空便>
当社のワインは品質重視!高品質のワインをそのままの状態でお客様の下へご提供できる様、品質管理について十分なコストを掛けております。信頼のおける現地ワイン商から直接買い付けております。

商品名 : シャトー レヴァンジル 1993

価格 : 16,945円 (税込)

750m 赤 ポムロール

数量 :    ×売り切れ
在庫なし


 \10,800以上は配送料無料

実店舗と在庫を共有している為、ご注文のタイミングによっては品切れの場合がございます。大変申し訳ございませんが、その際はメールにてご連絡差し上げますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
ラッピングサービス